head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

05/23/05

Yoshito Yoshito Yoshito!!!

 デポルティーボ・ラ・コルーニャ相手に3-0の完勝。しかも1ゴール2アシストと全得点に絡む大活躍。これ以上のパフォーマンスは無いでしょう。マジョルカも残留にむけて大きな勝ち点3ゲットです。


 まず1アシスト目、右サイドに流れて1対1の局面を作ると、ワンフェイント入れて内に切れ込み早いクロスをドンピシャで供給。個人技も良かったしチームメイトとの呼吸もピッタリ。

1アシスト目.jpg

完全に置き去りですわ。
(画像は2ちゃんの有志からお借りしましたよ)



 2アシスト目では同じく右サイドでヨシトスペシャルをかまそうとしております。ちょっと失敗しちゃいましたが、持ち直して再びいいクロス。

2アシスト目.jpg

せっかくなんでヨシトスペシャルの画像。



 そして極めつけのダメ押しゴール。今度は左サイドでオフサイドラインギリギリからの飛び出しで味方のスルーパスを受けると、なんとキーパーの股を抜いてゴール。ここまで来るとそういう事ができる余裕も出てくるんですねぇ。

3ゴール目.jpg

今日は投げキッスは無しでした。



 今までチームに馴染んでないとか体調が思わしくないとか有りましたけれど、本当に土壇場になって復活するあたりが嘉人っぱいかなとか思っています。もっと早く復活しとったらもっと楽になったと言うに。


 でもこれで残留できれば、嘉人もスペインでのプレーが続けられるわけだし。あと一試合、どんな形でもいいから残留決めてほしい。帰ってきてもいいかなと思ってた時期も無かったわけじゃ無いんですが。もうここまで来たらね。頑張らなきゃ。





posted by 西中島南方 at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(3) | マジョルカの嘉人さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

05/22/05

日本0vs1ペルー 激しく不安。

 あえて観戦記にカテゴライズしなかった。なんとなく観るに耐えない試合であったから。一番胸踊ったのが松木安太郎の出演したソニー生命のCMだったのはどういうわけか。おまけに松木さん死んでるし。

 収穫が有るとすれば三浦の右サイドが使えた事ぐらいか。ともかくやる事なす事上手く行かない。小笠原も大黒もリーグでみせていたパフォーマンスよりも明かに劣化していたし、チームとしての連携も酷かったし。単純な部分の小さなミスが堆積していった結果が0-1という結果を呼んだんだろう。順当といえば順当なスコア。


 何よりガックリしたのはスタジアムの雰囲気。緩慢で抑揚の無い、いかにも日曜日の午後ですという気だるい空気。恐らく「代表の勝利」を期待して傍観を決め込んでいた観客が多かったのではなかろうか、チームをサポートするという意思が希薄なように感じられた。これならアルビレックスのサポーターの方が断然いい。蒼く染まったビッグスワンはどこか居心地が悪そうな様子だった。散髪したてのジーコにも、新潟の風はさぞ寒く感じられただろう。


 これが本番でなくて良かった、というのは素人考えなのかもしれないけれど、予行演習さえ上手く行かないチームが本番でどれだけできるというのか。とにかくこんな試合は二度と見たくない。マナマではこんな失態を演じないように。



posted by 西中島南方 at 16:09 | Comment(2) | TrackBack(2) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

05/21/05

とりあえず、ね。

鹿島 1-3 C大阪


 3トップがそれぞれ1得点ずつ、PKを吉田が神セーブ、黒部も米山も使えたし、山崎も復帰。ブルーノとの交代だから山崎-柳本-前田の3バックを試したのかな?

 スコアも快勝だし、いろいろな事も試せた。鹿島のチーム状態を考えるなら当たり前といえば当たり前なのだけれど、これからの事を考えればこれだけ出来たというのは大収穫。


 詳しい事は現地組(ブログ持ってるのはとある桜サポのひとりごとのkocokocoさんだけかな?)の帰りを待つとして、とりあえず喜んどきましょう。初めて3点も取れたしね。



posted by 西中島南方 at 17:32 | Comment(1) | TrackBack(1) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女モリシ育成計画。

 以前から女性向けのサッカースクールが有ればいいのにな、ぜったいウチのたろもを通わせるのになと思っていたんですが、

IMG_0084.jpg


CEREZO OFFICIAL

セレッソ大阪サッカースクール長居校 女子クラス増設のお知らせ

この度セレッソ大阪サッカースクール長居校に女子クラスを増設することになりましたので下記のとおりお知らせいたします。また、増設に伴い無料体験会を開催いたしますので、併せてお知らせいたします。


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!



 いやいやついに来ましたよ。サポミで西村GMが明言していた女性向けサッカー教室!小学生向けということですが、来年から小学生になるたろもにぴったりじゃありませんか!これは神様のお導き。自分の小遣い削ってでも入れたい!!


 ちなみにたろもは体格は良く無いのですが、走る、止まる、曲がるなんて動作が早いし、何よりどれだけ走っても疲れない。そう


「体格は良くないけれど労を惜しまず泥臭いプレーをする」


 タイプなのですよ!女モリシなのですよ!

 ああ、もう、待ち遠しいぞコンニャロ。とりあえずわが子の名前入りゲーフラとか今から作っとくか。



posted by 西中島南方 at 08:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

05/20/05

ナビスコカップ鹿島戦展望。

 名良橋、興梠、野沢、フェルナンド、アレックス・ミネイロ、小笠原、本山、鈴木。

 なんだか寿限無のようでもあるし、クトゥルー神話の旧支配者を呼び出す呪文のようでもあるけれど、これすべて明日欠場が予想される鹿島の選手達。小笠原、本山、鈴木は代表にとられ、あとの5人は怪我。しかしこれだけ主力がごっそりと抜け落ちるとまるで別のチームという風。

Field-vs-Antlers-05-nabi.gif


 前回対戦時のスタメンは曽ヶ端、大岩、岩政、石川、青木のみ、吉澤から前は全員違うメンバー。吉澤のところには中後が入る可能性も有るとの事。セレッソは小林監督の「スタメン変えません」宣言を真に受けてガンバ戦と変わらずとした。


 ともかく未見の選手の多い事多い事。新井場もオフェンシブな位置で起用された際どういう動きをするか判らない。

 曽ヶ端、岩政、大岩、青木という守備のセンターラインは健在。しかし前線でひたすらチェイシングに走り回る鈴木の欠場の影響が無いわけでは無いだろうし、引いて手堅く勝ち点を与えない試合にする事も考えられる。ただ試合会場はカシマスタジアム、そんなプレーをサポーターが許すかどうか。不確定要素が多い分開始直後はセレッソも様子見をしてくるだろう。

 ただこういう時にボロが出る事が多いセレッソ。強いチームに強く、弱いチームに弱いというのもどうしたものか。とにかく相手の「奇襲」を想定し、パニックになることの無いように。


 前半で相手のパターンが把握できれば、急造チームの「泣き所」が見えてくるはずなので、それから動き始めても遅くない。


 個人的には黒部のモチベーションや使われ方に興味が有る。大阪ダービーでは再三の決定機にもシュートが枠に飛ばず槍玉に挙げられたストライカー、汚名返上の機会を待っているに違いない。またそういう選手でなければ困る。

 1トップになるのか西澤との2トップになるのか、特に2トップになった際に西澤とどれだけフィットするのか。その辺りの実戦経験が少ない分、多少のバランスは無視してでも試してもらいたい気もする。もちろんそういう余裕が有ればの話だけれども。


 選手個々を見れば勝てる要素は多分に有るが、だからといって必ず勝てるというわけではない。油断する事無くしっかりとした試合をするチーム、出来るチームであってほしいが…。



posted by 西中島南方 at 19:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英雄に喝采を。

 私達をアトランタへ導いてくれた前園が引退を発表した。正直寂しい気持ちも有るし、31歳という年齢は引退するには余りにも若すぎるのではないかと思うけれど、自分の事は自分が一番よく判っているのだろうから、無理は言えない。

mazono11.jpg


スポニチアネックス

前園が引退 普及活動に携わる方針

 元日本代表MF前園真聖(31)が現役引退を表明した。東京・本郷の日本協会を訪れ、川淵三郎キャプテン(68)に引退を報告し記者会見した。

 前園は昨年末、仁川(韓国)を退団。今年4月にはOFKベオグラード(セルビア・モンテネグロ)の入団テストを受けたが、契約に至らなかった。「6月まで状態を見たいと言われたが、1カ月で評価が出なければ引退と決めていた」と前園。「五輪はすごくいい思い出として残っている」と主将として出場し、ブラジルを破った96年アトランタ五輪を思い出に挙げた。98年以降はブラジル移籍に加え、スペイン、ポルトガル、ギリシャ・リーグ移籍に挑戦するなど波瀾(はらん)万丈の選手生活。

 今後はサッカーの普及活動に携わる方針で「プロ、アマ問わずたくさんの人に(経験を)伝えていければ」と話した。


 他にも取り上げられているサイトがあるのだけれど、あえてスポニチアネックスの記事を引用させていただいた。丁度引退会見を終えた前園が、現在ビーチサッカー日本代表監督を務めているラモスと鉢合わせした写真が印象的だったから。


 写真の前園はW杯4強という好成績を残し、意気揚揚と日本サッカー協会にやって来たラモスに対して、目線をあわさないようにしているように見える。何ともいえない表情が印象的。40を過ぎても現役にこだわった男の姿が、前園にはまぶしく映ったのかも知れない。

 この時ラモスは真剣に

「引退だって? 聞いていないよ。今がふんばりどきだよ。オレがJリーグの監督になったら、前園を引っ張ろうと思っていたのに」

 と留意を促し、会長室に上がりこんで前園の現役続行を迫ったのだそうだ。なんとも「らしい」話ではある。


 ただこの引退で前園の名が永遠に消え去ってしまうのかというと、話は別。これからもサッカーに関わっていく方法はいろいろ有る。

 前園のネームバリューを考えればコメンテーターだとかコラムニストという道に進む事も出来るだろうし、ライセンスを取ればコーチ、監督業に携わる事もできる。

kenta02.jpg   Sorimachi01.jpg


 実際反町康治や柱谷兄弟、都並敏史、長谷川健太といったJを経験した世代が監督として登場し始めている。いきなりJ1というのは難しいかも知れないが、可能性が0というわけではない。


 サッカーはスポーツであるが、文化でもある。競技はピッチで行われているが、それだけがサッカーの全てではない。前園はただピッチを去っただけで、まだサッカーを辞めたわけではないし、サッカーの全てを経験したわけでもない。これからもサッカー人として、前園は存在しつづけるはずだ。



posted by 西中島南方 at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(1) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

05/19/05

済州島のオモニ達。

343 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :2005/05/19(木) 17:20:16 ID:m/R22yu/
 無観客で実施されるサッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選、北朝鮮戦(6月8日・バンコク)のパブリックビューイングを東京・国立競技場、埼玉スタジアム、大阪・長居陸上競技場の3会場で行うと19日、主催者が発表した。

 今回のW杯予選でパブリックビューイングが実施されるのは3度目で、アウエー戦では初めて。 入場料は1700円(小中学生1000円)で全席自由席。前売り券などの問い合わせは、03(5436)9600=東京・埼玉会場、06(6233)8787=大阪会場。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20050519022.html


344 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :2005/05/19(木) 18:10:26 ID:fbz/AhB/
おまいらどこの行く?


345 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :2005/05/19(木) 18:59:34 ID:I58PORhj
>>343
大阪は在日がかなり(ry

 下らない事を考える人もいるものだと思う。多分コリアタウンに来た事も無い人なんだろうな。

IMG_0205.jpg


 確かにバックに有る団体は日本人にとっては胡散臭いかも知れないけれどね。だからといってコリアンの人たち全員が悪人だというのは極論。いろんな人がいるんですよ。


 最近コリアタウンの知名度が上がって、修学旅行のコースになるまでになった。ほんの少し前まで「朝鮮市場」といって本当にコリアン同士の内輪だけで商いをしていたらしいから、その発展たるや凄まじいもの。

 それを当て込んだ観光客向けの商売で財を成している人もいる。けれど本当に良いものは、実は小さい店に、何気なく有ったりする。そしてそういう店には、何故か決まって笑顔の素敵なアガシやオモニがいる。


 私はホットクというお菓子が好きで、いつもあるお店に焼き立てを買いに行くのだけれど、そこで働いているオモニ達は本当に飾らない性格で気風がいい。あまりにいいものだから店がなかなか大きくならないのだけれど。

ホットック焼いてるよ〜.jpg


 聞くと済州島(チェジュドゥ)から来たらしい。気風の良さの理由がちょっと理解できた。

済州島.JPG


 日本でも「関西人はあつかましい」とか「東北の人は朴訥としている」とか地域性が有るけれど、当然韓国にもそういうのが有る。光州事件のあった全羅南道出身の人は義に厚いとか。

 済州島の人たちは南国育ちのせいか比較的温和で和やかな人が多い。テレビとかだと「おっとりしていてどこかうっかり屋」という表現になる。

 でもそういうところがたまらなく愛しかったりする。こっちまで温かい気持ちになる。あのオモニ達が悪人だとしたら、多分私は極悪人だろう。


 長居でのPVには興味は無いけれど、多分何も問題は起きないだろうと楽観している。彼等はずっと大阪で暮らして来ている、日本人との折り合いのつけ方は重々承知している筈だ。



posted by 西中島南方 at 20:43 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次のダービーのチケット。

 もう次のダービー(万博のほうね)のチケットが発売中。というか5/7から既に販売されていましたよ。早いっちゅうねん知らんがな。

 それでもって今年から万博でもアウェー席は中央で半分に割られて、バック側は招待席になるみたいです。これはどのチームでもそうみたい。浦和とか明らかにパンクしそうなチームの時は取っ払ったりするようですが。オフィシャルの座席表はこちら。

.gif


 ちなみに万博のゴール裏芝生席は、片方のゴール裏で定員3000名との事。手っ取り早く言うならダービーの時の長居でのアウェーゴール裏と同じ定員なんですね。それを真っ二つにするから1500人。これはさすがに狭いんじゃなかろうか。かといって全席割り当てるなんてクラブの意地にかけてしないだろうし。


 気合入れて声出したり飛び跳ねたりするなら断然ゴール裏なんですが、狭いわ見辛いわではちょっと悲しい。いいところといっても芝生席なんで飛び跳ねて席を破壊するなんて事がないくらいではないですか。


 なんで今どの席のチケット買おうか迷っております。バックスタンドが妥当なのか、やっぱりゴール裏なのか…。いっそみんなでアウェー側のSB席占領しちゃうってなどうなんでしょうね。長居の時の小さい方のビッグフラッグなら2枚とも出せそうだし、テレビ映りもいいし。


 あと余談なんですがガンバサポがこんな事してたみたいです。梅田からやっとったんかい。マトリックスオフの時は警察に注意が有ったらしいけれど、これくらいならいいって事か。何か面白い企画とかないもんですかね。


 ただ単に電車ジャックとかだと真似事だから面白味に欠けるし、何よりモノレールがしょぼいから近所の人(いるのか?)に迷惑かかりそうだし。

288 :U-名無しさん :2005/05/17(火) 20:03:50 ID:PCm5WKSy0
おかまが書き込んでる。
http://nishinakajima.seesaa.net/article/3668662.html


289 :U-名無しさん :2005/05/17(火) 20:27:42 ID:tdwPSc170
↑そのコメント欄の「ブヒー」ワロタ
万博にはもっとでかいの作ってきてほすぅい

 というリクエストもありますしいっそ「ブヒー(笑」ゲーフラ大量生産とか、「ブヒー(笑」ビッグフラッグ作るとかします?「ブー」だけだったらブーイングの時に掲げれるしかなり笑えると思うんだけれどな。


 「のり突っ込み」って相手を許容した上でないと成立しない、こういうゲーフラとか作って堂々と掲げちゃうというのは「貴方達は怒らせようとしてしているみたいだけれど笑い事にしかならんよ」って意思表示にもなりますしね。


 まあとりあえず早い目にチケットとっときます。席種はあえて書きません。


いまある人に追われているので。



 それでは。



posted by 西中島南方 at 13:05 | Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

05/18/05

ダブルモリシ希望。

 100% rosadoさんのところの「大きい森島」というタイトルを見て思わず「ふしぎなメルモ」を思い出してしまいました。赤いキャンディ 青いキャンディ 知ってるかい?しかしデカいモリシは想像できないな。

ニッカンスポーツなにわWEB

C大阪、U−18日本代表FW森島康仁獲り

 C大阪が来季の新戦力としてU−18日本代表FWの森島康仁(17=兵庫・滝川二)獲得を目指していることが17日、分かった。西村GMが「来シーズン獲得の超目玉選手。うちの候補に入っている」と明言したもの。森島は身長186センチの大型FWで空中戦に強く、ポストプレー型。すでにJの複数クラブが興味を示しており、争奪戦は避けられない。現在はU−18日本代表に選出され15日から合宿に参加している。

(中略)

 森島は中学までのジュニアユース世代をC大阪で育ち、獲得すれば「出戻り」という形になる。C大阪の顔となっている先輩のMF森島主将は「親戚じゃないっすよ。でも、モリシが2人っていうのも面白いですね。楽しみです」と歓迎する。来季、C大阪に「凸凹モリシコンビ」が実現するかも知れない。


 セレッソの意外な泣き所、長身FWに逸材。しかも中学までセレッソジュニアユースにいたというのですから、是非情熱的なこってり背脂西村節で口説き落としてほしいな。もし来てくれたら「Wモリシ」が見られるかも。ちなみに相対的にはこんな感じです。

W-morishi.gif


 ただ西澤という例外を除き、御給、羽地、宮川と「和製大砲」の育成に失敗しているというのはマイナスかも…。

 他のチームで180cmオーバーの日本人ストライカーを「育てた」実績のあるチームってどこになるんだろう。久保、高木のいた広島、高原のいた磐田、鈴木のいる鹿島、巻を育てている市原…、永島のいたガンバ、はちょっと古すぎかな?

 いくら古くてもいいというなら、セレッソも前身は日本最強にして最凶のFW釜本を擁したヤンマーなんですがね。


 セレッソは意外と交渉事になると上手くいくケースが多いですよね。嘉人の獲得、海外移籍、黒部獲得、アキ残留。ネルソンさんとか西村さんみたいに熱く語れる人がいるのがいいのかな。

 もし来てくれるのなら、登録名はどうなるんだろう?両方フルネームもなんか野暮ったいし、大きい森島、普通の森島もどうかと思うし…。ま、そういう悩みは来てくれるのが確定してから改めてということで。



posted by 西中島南方 at 20:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログ利用者倍増中。

 なんだそうですよ。2ちゃんうろついてたらこんなニュースが。

★335万人がブログ利用 市場規模、2年で40倍予想

・インターネット上の日記風サイト「ブログ」の利用者が、今年3月末の時点で延べ
 約335万人を数え、少なくとも月に1度はブログを見る閲覧者も1651万人に
 達していることが17日、総務省の調査で分かった。2年後には、それぞれ2倍以上に
 拡大するとみている。


 335万人が最低一つずつ、複数のブログ持っている人も考えると日本だけでだいたい400万くらいのブログが有るわけか、すごい量だ。

 2ちゃんだと「アフィリエイトがうざい」「検索に引っかかってうざい」「ニュース記事をコピペするだけのやつはうざい」とさんざん言われとります。コピペした記事か、私もそういうの多いなぁ。


 これだけ有ると、その中で独自性を出していかないと簡単に埋没してしまうわけで、なにを「売り」にするかってのは大事なテーマですね。

 サッカー系のサイトはそこらへん比較的楽だと思うんですよ。まだテレビでも全試合生中継なんてしていないわけだから、観戦記を書いただけでも記事になる。練習場やキャンプ地に出向く大手のメディアなんてのも小数ですからね。


 でも日記系の人とかはどうなんだろう。たまに普通の日記系ブログだったのに、管理者の方が病気になって、闘病日記に変わってからアクセスが増えたなんてやな話も聞きますが。


 あー、でも別に「アクセス数命!」「アフィリエイト命!」という人ばっかりでもないか。そういう人はマイペースでいいわけだ。ややこしいな。


 なんでこの記事を取り上げたかというと、ご存知の通り最近いろいろ有りまして、それはもう実に貴重な体験をさせて頂きました。リアルでの体験も含めたら、もう普通の人の一生分ぐらいの経験したんじゃないのってくらい。

 そういう体験をしていく中で「私はブログで何をしたかったの?」とか、わりと原点を見つめなおす事が有りました。

 私にとっては人が見て、ちょっと面白いなと思って頂いたり、笑ってもらったりしたいなというのが原点だったのですが、何気なく書いた記事が多くの人を、あまり良くない渦の中に巻き込んでしまったり、傷つけてしまったりってのが有ったもので…。


 ただここまで来ちゃうともう自分のスタイルを大きく変えるなんて事は出来ないわけで、「面白くない!」と言われても「じゃあ来ないで下さい」としか言えないんですよね。そういうのはイヤなんですが。折角1/4000000の確立で来てくれた人にそういう態度はないんじゃないのと。でも本当に選択肢がそれしかない…。


 というわけで西中島は今後もこんな感じでございます。生き恥を振りまきながら死ぬまで全力ダッシュで連続更新です。それを「面白い」と思っていただけましたら幸いです。

posted by 西中島南方 at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。