head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

Tue 08 Feb 2005

サポーターズコンベンション

 セレッソブログのくせに最近代表関係の記事ばっかりでしたが、今回は今日行われたサポーターズコンベンションのお話。といっても「うわっ、こんな事書けねーよ」という部分や、後でオフィシャルが掲載するだろう部分ははしょります。そもそもコンベンション自体書いちゃいけないんですが、雰囲気だけでも。

阿倍野区民センター


 会場になった阿倍野区民センター、新しくてさすがに綺麗でした。阿倍野区民としては嬉しいような、こんなたいそうなもんに税金使わんでほしかったような。

 私は開演(司会進行のおねえさんが開演って言ってたの!)15分くらい前についたのですが、600人収容のホールは4割方くらい埋まっていたかな?結局参加者は2、300人くらいでした。


 コンベンション前半は社長の挨拶に始まって、現場担当の西村GM、運営担当者が各ポジションから今期の目標などを説明。その後質疑応答という進行でした。

 社長の挨拶はいたって淡白なものでしたが、西村さんのチーム編成などに関するトークが熱い!長い!!内容濃い!!!

 改めて西村さんのセレッソに対する情熱というか、愛情みたいなものを感じました。こういう気持ちを持っている人がチーム強化に携わってくれているから、アキも残ったんだろうし、これだけ補強が出来たんだろうな。

 そして、「攻め」に対するこだわりもすごいものが有りました。私のような凡人は守備と攻撃は両輪と捉えるんですが、西村さんの考える守備とは、攻撃の為に相手からボールを奪う行為なんです、つまり攻撃というカテゴリーの一部なんですよ。


 後半は新加入選手の紹介、モリシキャプテン、小林監督の決意表明が有ったのですが、凄まじかったのは新加入選手の発表。

 最初は一人ずつ呼ばれて演壇に、程度だろうなと思っていたのですが、いきなりホールの照明が落とされ、フルボリュームで選手入場時のBGMが流れはじめます。

 皆「何事!?」と混乱していると、演壇の後ろにあった黒い幕がゆっくりと開き、そこからバックライトに照らされた新加入選手が登場!しかも全員腕組みして微動だにしない!かっこいい!!確かにかっこいいんだが、何故だか笑が止まらない!!ゴメンよ!!残念だけれどこれセレッソのチームカラーにあってねーっ!!(でもゼ・カルロスと江添君はちょっとかっこよかったかも知れない。ゼ・カルロスは明るくて応援したくなる選手ですね)

 どっちかっていうと後にあったモリシと小林監督の立ち位置漫談(最後に会場にいた全員でパワグロを歌ったんだけれど、モリシと小林監督で立ち位置の認識に違いがあって「こっちだよ」「こっちですって」とお互いのスーツのすそを引っ張り合いだす有様に。もちろん会場全体大爆笑)の方がセレッソらしかったかな。


 会場を出る際には小林監督、西村GM、モリシ、新加入選手がサポーター一人一人に握手でお見送り。江添君を元気付けようと「お父ちゃんがんばって!」と言ったら「えっ」と引かれてしまいました。ゴメンよ、そんなつもりじゃなかったんだよう。 


 総括すると、思っていたよりもずっと内容の濃い2時間でした。もう少し質疑応答の時間が有れば良かったんですが、その分西村さんがかなり微細に説明をしていたんで、その辺は目をつぶるべきなのかな。ともかく悪い会合では無かったですよ。




posted by 西中島南方 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

代表応援 文殊43,000,000人分の知恵を!

 今日はサポーターズコンペンション、明日はいよいよ北朝鮮戦ということで、個人的に精神がラリらりになってまいりました。薬を飲んでもそわそわするのが治らないよ。

 昨日北朝鮮代表が北京空港に到着した時の様子がテレビで流れてましたけれど、空港で待ち構える報道陣の山を見て、代表の一人が「おい!すでに情報戦は始まっているぞ!」と興奮している様子を「おお、相手も相当カリカリしてるな」と、少し安心して見ていたりしたんですけれど、今朝からどうもラリラリ。


 情報を求めてネットを彷徨ったりしていたんですが、どうも日本中にテンパってる人たちがいるようで、2ちゃんねるのワールドカップ板や日本代表蹴球板なんかは殺伐としております(特にこことか)

 一方の北朝鮮応援団は在日の人を中心に朝鮮学校の生徒達の伴奏やらを用意して、かなり気合入れた応援を展開するようです。数では5万5千人対4千人ですけれど、それくらいハンデがあっても、親善試合並みの応援しか出来ないようだと、コールのでかさで負けちゃうなんて事も有るかも、悪夢だ。


 去年国立で行われた女子サッカー日本代表対北朝鮮代表の時なんかはかなりいい感じに感じたのですが、あれも熱い気持ちを持ったサポーターがゴール裏に陣取れたからなんですよね。今の代表戦のチケット販売方法ではそれも難しい。


 ただ一つ救いが有るとするなら、こういう議論がネットやオフを問わず、あちらこちらで起こっていることでしょうか。「今のままではダメだ」と感じている人間がいるうちは、まだ何とかなる。明日にまにあわなくても次のホームで何かアクションがとれるかもしれない。みんなが「もうダメだなこりゃ」って感じるとこまで行っちゃうと、本当にどうしようもないんですれど。


 明日さいたまスタジアムに集まるサポーターの皆さん。本当に気合入れて代表をサポートして下さい。ドイツへと続く大事な初戦、勝利が絶対条件ですから!!



posted by 西中島南方 at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする