head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

02/28/05

第三の敵?

 どうやら今年の開幕戦も松浦亜弥が来るらしい(Vissel Official)松浦亜弥が来るという事は、とりもなおさずそのファンも来ると言う事。そう、あのハロプロヲタ達がやって来るのだ。

 しかも今回はキャパが小さいウイングで、しかもかなり席が埋まってからの発表。横浜国際での一件以上の事態が想定される。下手するとチケットがゴール裏しか取れなかったヲタがコアサポの近くに出現→場違いな行動でサポーターの感情逆なで→ガチンコファイトなんて事も有るかも知れない。しかも残席はアウェーセレッソ側の方が多いので、こっちにヲタ多数出没なんて可能性もあるのだ。やだなー。


 何も無ければ

are-you-reds.gif


 なんてゲーフラ作らない?って感じで行こうかななんて思っていたし、松浦亜弥が来るって話を最初に聞いたときも

we-love-canon.gif


 なんてダンマクとかどうよ、なんて軽く考えていたけれど、下手するとえらい騒ぎになるんだよね。とりあえず「あの人たちはそういう人たちなの」と(日頃多くの皆様がこのブログに対してそうして頂いてるように)そっと生暖かく見守るのが懸命かも。


 別にそういう人の存在を否定しようなんて思わない(と言いながらへんなダンマクとか考えてるけど)それはそれで結構な話だと思う。でもその日のその場所は多くのサポーターにとって特別な場所なんだ。大切な開幕戦、絶対に負けたくないんだ。だからみんなピリピリしてると思う、その空気を感じ取ってほしいんだ。それだけ。ああ、そう考えればこの記事もかなり不謹慎だな。すんません。



posted by 西中島南方 at 21:03 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セレッソ選手名鑑2005 DF編

名前:ブルーノ クアドロス
背番号:2
異名:青野(@2ch)
ポジション:スイーパー、右サイドバック
プレー:高さ、強さ、ラインコントロールに秀でているが、特筆すべきは「読み」の上手さ。相手FWと競り合う事無くボールをインターセプトする。たまにたがが外れたように攻撃参加するのはジルマールのアドバイスなのか、それとももともとのプレースタイルか。どうでもいいことだけれどホームページがなかなかおしゃれ。自身の趣味なんだろうか。
web:http://www.brunoquadros.com.br/


名前:柳本 啓成
背番号:3
異名:ヤナギ、オサル(@2ch)
ポジション:スイーパー、右サイドバック
プレー:ブルーノと完全にポジションがかぶってしまうが、柳本のプレーはスピードを生かしたカバーリングの早さに特徴が有る。ちょっと怪我が多いが、必要な選手なのは間違いない。


名前:江添 建次郎
背番号:14
異名:-
ポジション:スイーパー、ストッパー
プレー:今シーズン一番の注目株。見た目線が細いように感じるが、ガツガツと当たられても結構競り勝ってくれるし、読みも上手い。ラインの統率力にも優れているのだけれど、先輩ばかりの守備陣の中でどれだけ声を出せるのだろうか。もちろんチームを牽引してくれるのを期待しているけれど。将来のセレッソ守備陣の要であり、幹部候補生でもある。第一子の誕生月と結婚した日の関係を探る事は、大久保に対するそれと同じくらいタブーとされる。


名前:千葉 貴仁
背番号:15
異名:チバ、チバちゃん
ポジション:ストッパー
プレー:昨年最も成長したDF。江添やブルーノのようなイケメンが増えてきたセレッソDF陣にあって、数少ない伝統的なセレッソDF顔の持ち主。不思議とプレーも伝統的な(しかもエミリオ監督時代ぐらいの)セレッソDFのそれで、当たりも激しいがカードも多い。趣味がパチスロということを非難される時もあるけれど、結果さえ残してくれれば問題ない。スロ禁止令なんかでストレスがたまるよりはまし。


名前:齋藤 竜
背番号:16
異名:リュウ、ドラゴン(@2ch)(笑)(@2ch)
ポジション:ストッパー、左サイドパック、左サイドハーフ
プレー:ユーティリティさが売りなのだけれど、どのポジションでもプレーが何となく軽いイメージが有る、本人に悪気があるわけじゃないだろうけれど。ただこういう選手がいないと長丁場のリーグ戦を戦うのが苦しいのは確か。個人的にはすごく期待していたりいなかったり(どっちだよ)


名前:山崎 哲也
背番号:19
異名:テツ
ポジション:ストッパー、右サイドバック
プレー:黙々と指示に忠実にプレーする寡黙な仕事人。小林監督のラブコールで「大都会」大阪にやって来た。特に秀でた部分も無いが、特に欠点が有るわけでも無く、プレーの波も無い。よくよく考えるとそれはすごい事だ。監督とすればこういう「計算がたつ」プレーヤーは有り難い存在なんだろうな。


名前:前田 和哉
背番号:30
異名:
ポジション:ストッパー(?)
プレー:テスト生から契約までこぎつけた苦労人。プレー未見の為コメント出来ず。関係ないけれどOfficialの写真いかつい月亭八光に見えるのは私だけ?


 明日はMF編その1。


posted by 西中島南方 at 19:54 | Comment(3) | TrackBack(0) | セレッソ選手名鑑2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

開幕戦で神戸を想う。

 Jリーグ公式に開幕戦から第5節までのチケットの売上状況が載っています。相変わらず浦和の集客力は強力。新潟も負けず劣らずで、2/28現在第2節のカードの中では唯一7割以上の席が埋まっています。

 セレッソの開幕戦はご存知の通り神戸ウィングスタジアムでのヴィッセル戦なんですが、ガンバが苦戦しているのとは対照的に、もう7割近くのチケットが売れています。何でもカテゴリーによってはもう売り切れてしまったらしいです。早めにチケットを押さえていて正解でした。

 ちなみにセレッソのホーム開幕戦である12日のマリノス戦は、まだ残席に十分な余裕がございますので、皆々様お誘いあわせの上、是非長居スタジアムまで足をお運びください。


 私は未だにミキティがあんまり好きではないのですが、チケットの売上状況を見る限り、神戸のファン(サポーター以外の人も含む)はチームカラーの変更や運営そのものに関しては楽天支持という事なのかな?

ミキティだっつてんだろが!


 去年もアイドル呼んだりイルハン呼んだり火柱とかがんがん立てまくったりでサッカーをショーのようにしてしまっていましたが、そういうのがウケるんでしょうか。よくわからんです。


 以前こんな記事を書いて「興味がサッカーから離れたらやばいんじゃないの」みたいに結ばせて頂きましたけれど、案の定というか、東北楽天にご執心のようで、早速キャンプに訪れてはブルペンでキャッチボールをしたり、オープン戦をネット裏で観戦したりしていますよね。ヴィッセルのキャンプや練習試合には顔を出しているんでしょうか?あまり耳にしないのですが。


 チーム運営も、まず監督選びに難航。昨年末から監督候補の名前が浮かんでは消え、外国人監督を予定していたはずなのに、ふたを開ければ松永氏という顛末(別に松永監督が悪いというわけじゃないんですが)

 戦力の上積みも目立ったところでは三浦淳ぐらいで、藤本と土屋が抜けたし、正直劣化しているイメージが有ります。まあそれでもセレッソが楽に勝てる相手ではないんですけれどもね。


 今年の開幕戦、ヴィッセルは、楽天は、どんな風に試合をショーアップするのでしょうか?もし去年よりもショボショボな内容になっていたとしたら。ちょっと危ない兆候かも知れませんよ。




posted by 西中島南方 at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

02/27/05

セレッソ選手名鑑2005 GK編

名前:伊藤 友彦
背番号:1
異名:トモ、トモさん
ポジション:GK
プレー:恐らく昨年J1で最も苦労したGK。至近距離からのシュートを素晴らしい反応でセーブした時などはとても頼もしく感じる。しかしキックに難が有り、バックパスやゴールキックなどの時はかなりハラハラしてしまう。セレッソのキーパーは全員何故かキックが上手くないように思うのだけれど練習方法が悪いのかな?


名前:多田 大介
背番号:21
異名:ダイ
ポジション:GK
プレー:昨年の背番号1。だが全体的なプレーの不安定さから途中で伊藤にポジションを奪われてしまった。ただまだ伸びしろのある選手だと思うし、キーパーは経験が必要なポジション。これからバケる可能性を十分持っている。
web:http://www.dai0811.net/


名前:吉田 宗弘
背番号:22
異名:
ポジション:GK
プレー:GKにしてJ1トップクラスのファンタジスタ。浪速のノリヲと言ってもいいかもしれない。PSMでは彼のところにボールが来るとスタジアムが凍りついた。ただコーチング能力が高く、相手にシュートを打たせないし、危機的状態を作らせない。セレッソのGKでは一番戦略的な思考が秀でている。


名前:丹野 研太
背番号:27
異名:タンタン(@2ch)
ポジション:GK
プレー:新卒新加入ということでまだ練習についていく、というレベルらしい。コンペンションで見る限りだとちょっと内向的な性格なのかも。伊藤の反応、多田の体躯、吉田のコーチング、丹野の若さが合わさればかなりいいキーパーになるのだけれど、それでもキックは下手なままかな(涙
3/1追記 web:http://tkp2005.ameblo.jp/



 てな感じでセレッソ全選手を紹介していきます。明日はDF編の予定。面白い情報やら補足など有りましたらコメント、メール下さい!!



posted by 西中島南方 at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ選手名鑑2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選手名鑑作るぞ!!

 毎年ややイヤな目さんがJ1全球団の選手名鑑を作成されております。とても面白いので毎年楽しみにしているんですが、セレサポの、セレサポによる、セレサポの為の名鑑が作りたいなと。

 それでテンプレートを作ってみました。身長体重やら前所属チームやらはOfficialに載っていますから、それ以外の補足という形をとるつもりです。「この項目抜けてるじゃん!」というのがありましたら早めに御連絡お願いいたします。

名前:
背番号:
異名:(ニックネームやネットでの呼び名)
ポジション:(DFなどではなくストッパーとかスイーパーみたいな記載をします。出来るポジションは全て記載します)
プレー:(プレーの特徴や性格(あくまで去年、PSMまでのもの)を記載しますが、主観がバリバリ入ります)
web:(選手のホームページが有る時は記載)


 開幕までに全選手をポジションごとに紹介していく予定です。この選手はこんなです!という情報も大歓迎です。



posted by 西中島南方 at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ選手名鑑2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

02/26/05

サポコン公式UP。

 ようやくサポーターズコンベンションのレポートがOfficialにupされましたね。例年のサポーターズミーティングの報告より微細なんで、今年にかける意気込みみたいのが伝わって好感が持てる内容だと思うのですが、どうでしょうか?


 それでもOfficialではいろいろと書けない事も有るでしょうから、独断で補足(え?そんなんいらんて?そんなこといいなや〜!!)してみますね。

三者三様.jpg


 まず気になったのが出原社長さんです。この方「今年の失点を去年の半分にする(ちなみに実現するとリーグ最小失点クラス)」と豪語するなどいろいろとすごい発言をされているのですが、実際にコンペンションで拝見して、やっぱりう〜んと首を捻ってしまうところが有りました。

 というのも、このコンペンションでも、すごく消極的な感じがしたんですよね。挨拶も型どおりで、聞くほうも汗をかいてしまいそうなほど熱っぽい西村GMのトークとは対照的。

 その後の質疑応答で「これは出原社長、西村GMのどちらかにお答え頂きたいのですが…」と切り出されると、さも「わしゃ知らん」という風に西村さんに話をふって一切応答に応えず、とにかく出来るだけ表に出ないようにしたいという雰囲気が前面に出ていました。サッカークラブの長として、知識はもちろんですが、もうちょっと「熱さ」みたいなものもほしいなと。


 あと運営に関して「タダ券問題」が出たんですが、それに対して事業部間宮氏より「ウチはどこかの団体にチケットを買ってもらう形をとっている。結果的に皆さんの手元にはタダで配られているかもしれないが、言われているばら撒きのようなものはない」という返答がありました。

 しかしその後Way of thinking+さんの記事でスクールのコーチから直接子供たちに招待券が配られている事が判ったり、2ちゃんねるで招待券が直に郵送されてきたことが書き込まれていたりしています。どう考えても言ってることとやっていることが違うじゃん!

 ただこれに関して言えば、多少止む終えないのかも知れませんね。セレッソは決して人気クラブとは言えませんから(観客動員がJリーグ平均より下、関西の4クラブは全て平均以下なんだそうです)とりあえず一見さんを増やしてリピーターに賭ける、という考えが出るのも理解できない話じゃないです。今年は既存の観客(ex年パス購入者)に対する配慮も有るようですし、ちょっとここは保留。


 いろいろと書き連ねてきましたが、疑問に感じたのはこの2点に関してぐらいで、全体的にはぐっと濃密な、意義のあるものでした。もっと細かく言えば突っ込みどころはいろいろ有るんですが、そんな重箱の隅を突付くような行為がクラブにとってプラスになるのか疑問なんで、今日はこれまで。



posted by 西中島南方 at 12:38 | Comment(3) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

02/25/05

AKIENCE

 なんかりんでんばうむさんのところによると、アキの写真が不評な様子。う〜ん。ものすごくうらやましいサラサラヘアなんですが…。

 ということで、アキのサラサラヘアをアピールするイラストを作成してみましたよ。



<AKIENCE>


 どうでしょうか?(クリックすると拡大しますよ)

posted by 西中島南方 at 22:54 | Comment(3) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老若男女蹴球天国

 嘉人の赤ちゃん情報の続報。どうやら「彦左衛門」くんは男の子ということが判ってから名付けられたようです(スポニチアネックス)

 という事はそのまま「彦左衛門」で行く可能性もあるのか?と心配になったりしましたが、どうやらそれは無い様子。20年後ぐらいに嘉人監督、彦左衛門くん(仮)プレーヤーの親子鷹とかなってたら面白いかな。でも試合中に親子喧嘩とかしそうで怖いかもな。


 男の子はサッカーをやる環境が整ってまいりましたが、さて女性はというと、これがなかなか厳しい。

 つい最近TASAKIから日テレベレーザに移籍した川上選手なんか失業保険で生活費をやりくりしているらしい。トップリーグの選手、しかも代表クラスがそうなんですから、もっと苦しい生活の中でサッカーを続けている女性もたくさんいます。

 以前FCくの一の選手達の生活を紹介しているサイトを拝見した事があるのですが(場所失念)、苦しい台所事情の中で練習できる時間と場所をやりくりしながら頑張っている姿をみて、ちょっと胸を打たれた事が有りました。そんな苦労を微塵も見せずボールを追う姿は、本当にたくましくて、美しかった。


 うちにも娘がいます。「サッカー好きか?」と聞くと「うん」と笑って返してくれる、なかなか私の喜ぶツボを心得た子なんですが。出来れば彼女には「観る喜び」だけでなく、「する喜び」も味わってほしいと思っていたりするんです。別に絶対プロになれなんてことじゃなくて、休日に友人同士でサッカーに興じるくらいでいい。

 でも、それが今の日本では、少なくとも関西では難しい。どの学校に行っても女子サッカー部が有る、なんて状態ではない。まだまだピラミッドの底辺が小さいんですよね。


 先日のセレッソサポーターズコンベンションで西村GMが「いろんな年代の人、女性にもサッカーを普及させていきたい、地元の文化としてサッカーを定着させたい」と力説されていましたが、それが実現したら、私達はほんの少しかもしれないけれど、確実に心豊かになっている事でしょう。


 週末にはお弁当を作り、グラウンドに足を運び、子供達の試合に声援を送る。時々自分もおっさん同士のチームでボールを蹴る。リフティングが娘より下手なのがちょっと恥ずかしい。なんだか楽しそうじゃないですか?



posted by 西中島南方 at 13:23 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

02/24/05

ヨシトもモリシも。

 cerezoblogさんやfromthemorningさんなどでも取り上げられておりますNumberですが、ついつい買ってしまいましたよ。ちなみに特集名は「小さいことはいいことだ!スポーツ小兵列伝」もうね、こりゃヨシトとモリシの為に用意されたようなタイトルですよ。と思うのはセレサポだからですね。ハハハ…。

little01.jpg


 正直な話中身はどう?という感じ(面白い事は面白いですよ。そりゃプロの文章ですから)なんですが、二人の笑顔だけでも510円支払う価値はあるかも。

 そんな記事からでも滲み出してくるのは、二人の「いいヤツ」加減。

 ヨシトが一人でスペインに渡った理由なんかの件は妻帯者としてすごく立派だと思うし、クレバーとかじゃないかもしれないけれど、自分が愛する者に対する思いやりみたいなのは、しっかり持ってるんだなあと、身につまされたりもしました。

little02.jpg


 モリシはもう相変わらずモリシで、理由も無く木に登らされて「32歳のトム・ソーヤ」とでも表題するべき写真に、満面の笑顔で写っております。ちょっとくらい怒ってもいいよ。仕事選んでもいいよ。モリシ、何故にあなたは聖人でいられるのですか?


 二人とも「いいヤツ」なんだけれど、二人の良さは別物。ヨシトはヨシトなりの、その荒削りな純心が胸を打つし。モリシの円熟した人格には、いつもながら本当に頭が下がる想いがする。それに触れる事で、私のセレッソに対する忠誠心は益々高まっていくのです。


posted by 西中島南方 at 22:25 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どっちがつけたの?

 嘉人の右足のメディカルチェックが終了したようです。とりあえず大怪我ではない様子。

ニッカンスポーツ

大久保、右ヒザの再検査問題なし

 1月9日のデポルティボ戦で右ひざを負傷したマジョルカFW大久保嘉人(22)が、医師から「問題なし」とのお墨付きをもらった。


ただ

右太もも周辺の筋力が落ちているため、チューブなどを使って筋力アップに努めるよう指導を受けた。


という事だそうです。瞬発力がウリの嘉人にとっては筋力低下は命取り、ちゃんとトレーニングして、本来のパフォーマンスを発揮してほしい。それまでは嘉人が本当にリーガでやっていけるのか判断も難しいですから、しばし静観。


 ところで、気になるのはおなかの赤ちゃん。名前について以前この記事

 個人的な予想ですが、多分物凄く古風な名前を付けたがっているんじゃないかなぁ。それか小嶺さんにゴッドファーザーになってもらうとか…。


 なんて書いていたのですが…。

 今日24日にレバンテ戦(26日)に向けスペインへ出発する。現在妊娠6カ月の莉瑛(りえ)夫人も1日遅れで日本をたち、大久保の両親とともに約2週間スペインに滞在する。現在「彦左衛門」と呼んでいる6月誕生予定の第1子について「ちゃんと名前を決めないと」と話しているという。


「彦左衛門」と呼んでいる6月誕生予定の第1子





彦左衛門.jpg


<大久保彦左衛門(1560〜1639)>



 いくらなんでも400年前の人名を失敬するのは古風すぎるよ… orz

 誰がつけたんだろう。奥さんがそんなことをしちゃうような人とは思えないし、やっぱり嘉人なのかねぇ…。

 まあ、まだ仮の名ですから、もっとしっかりした名前を付けるのでしょうけれど、それにしてもね。朝一で記事をみてお茶を噴き出しそうになりましたよ。



posted by 西中島南方 at 12:43 | Comment(3) | TrackBack(2) | マジョルカの嘉人さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。