head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

Sat 27 Nov 2004

混迷の前夜。

 新潟はセカンドステージの頭から数試合、ブラジル人3トップの3-4-3を採用していたので、その印象がとても強かったのですが、ここ何試合かは4バックで戦っている様子。

 特に目に付くのが山口のポジション。本来ならボランチに入るところを、気持ちもう一列上がり目に入れて、鈴木慎をサイド攻撃に徹底させているようです。

 さらにFWの一人(恐らくエジミウソン)がやや下がり目に入り、分厚い2列目を形成。いわば4-1-4-1という変則的な布陣を敷き、連勝中なのだとか。


 これで2002world.comに寄せたぼへみあん氏の4バックを採用するかも、というレポートの意味を読み取る事が出来ました。

 一言で言えば、3バックの際に生まれる両サイドのスペースを消す為の予防線を張りたいのだと思います。

 本来ならダブルボランチで、サイドにボールが展開される一歩手前のプレーを潰しておくのがベストなのですが、セレッソのボランチはそれほどのプレーを90分間維持できる程タフなわけではありません。特に今は久藤、布部が負傷中。

 かと言って、今まで順調に来ている前五枚を変えたくない。それなら多少中盤の主導権を握られても、4バックで行きたい、ということでしょう。


 正直この策が有効なのか、監督自身も悩んでいるところだと思います。本来なら右サイドで使いたかった下村は、布部の怪我でボランチにまわるでしょうから、左は大森が苔口というメドが立っていても、右サイドに誰を入れるのかが本当に難しくなって来るからです。

 徳重に我慢してもらって…、という考えも有りますが、それをするとリザーブの攻撃的なカードを失うことになります。マリオなどは全くの未知数。センターでスイーパー役をこなしている柳本をまわすのは論外。本当に人がいないのです。


 今までのシステムで何とかやりくりしていくのか。それとも新潟戦に取って置きの秘策を持って臨むのか。はたまた、「よりにもよって…。」で予想した入れ替え戦にウエイトを置いた采配を振るうのか。残留請負人としてセレッソの監督を受けた小林監督の実力を見せる時が、今まさに来ているのかも知れません。




posted by 西中島南方 at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仁義無き戦い。

 デイリースポーツの記事を見ていたらこんな妄想が…。

ここは九州大分県。夜更けの鳥煮田組事務所に一本の電話が・・・。

ジリリリリン・・・。ジリリリリン・・・。

松橋

「だれじゃいこげん夜中に」

ガチャ、

「あー、鳥煮田組じゃが」

嘉人じゃけんのう。

「おう、その声は松橋か、久しぶりじゃのう」

松橋

「そ、その声は大久保さん、ひ、久しぶりです!(滝汗」

高松

「なにガタガタ言うとるんじゃい、おちおち寝とられんがな」

松橋

「た、高松のアニキ!大久保さんからお電話が!」

高松

「な、なにぃ!それをはよう言わんかい!受話器かしたれいや!お、大久保さん、お元気そうで(滝汗」

嘉人じゃけんのう。

「おう、高松も元気そうじゃのう。ところで、最近おまえらのシマに柏組のモンが来とるそうやないか」

高松

「は、はぁ確かに。何でも、昼日中に大の大人が『だるまさんがころんだ』やっとるいうて、えらいウワサですわ」

嘉人じゃけんのう。

「今わしら長居組と柏組が争うちょるのはしっとるやろうが。わしはしばらく海外に高飛びする予定なんじゃが、それまでにケリつけんと西澤の親分と森島の親父にわしの面目が立たんっちゅうわけじゃ。言うとる意味はわかっとるな?

高松松橋

「は、はい!!(大滝汗」


次の日、腹に銃弾を受ける柏組早野組長。

組長

「な、なんで何の恨みも無い鳥煮田組がワシのタマ取るんじゃい・・・。ごふっ」

高松

「悪う思わんでくれよ…。これも大久保さんの為や。大久保さんに逆ろうたら、何されるかわからんきにのう!!」

パラパーン、パラパーン

なんて事に、ならないかなぁ…。


posted by 西中島南方 at 20:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツお笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よりにもよって…。

スポニチアネックスOSAKA

C大阪「J1残留」へ不安…DF2人出場停止、両ボランチ負傷

 C大阪が追いつめられた。練習中にMF布部が腰を強打して病院へ直行。ボランチの相方MF久藤は前回の清水戦で右ひざのじん帯を痛め万全ではない。おまけに23日の清水戦で勝利に貢献した千葉とラデリッチのDF2人は出場停止だ。


 最悪の場合、守備陣5人のうち4人が入れ替わる可能性が出てきました。千葉、ラデリッチの穴は上村、大森、斎藤(!)が埋めなくてはいけません。

 ボランチはさらに深刻。久藤は公開練習時は別メニューだったようで、非公開の昨日今日でどれだけ回復しているのかが心配です。

 ここ数試合守備陣と攻撃陣の橋渡し役を上手くこなしていただけに、久藤が出られるのか出られないのかで試合の様相はがらりと変わってくるでしょう。


 もしもの場合は下村と濱田、もしくは下村とマリオというペアが考えられますが、濱田、マリオの格落ち感は否めません。

 濱田は運動量と積極性に問題が有りますし、マリオは運動量こそ有りますがチームにフィットしているかは疑問です。


 ここで小林監督には二つの選択肢が有ります。

 一つは新潟戦を全力で闘い、何としてもリーグ戦での残留を目指すというもの。今一つは新潟戦を捨てて主力を温存し、万全の体制で入れ替え戦に臨むという方法。


 キーは久藤、布部の怪我の状態でしょう。二人が全治まで残り1週間程度の軽い怪我であるならば、激戦を続け、疲労が溜まったJ2のチームに、ベストコンディションのフルメンバーで臨んだ方が残留の可能性は高いでしょう。

 二人だけに留まらず、西澤、森島も披露が溜まっている状態ですから、思い切ったギャンブルプレーも有りでしょう。


 ただボランチ二人の怪我が深刻なものであるならば、全力をあげて新潟戦を戦うしか有りません。この場合も大分対柏戦の結果待ちである為に賭けの要素を多分に含んでいますが、あと3試合を全て全力で戦う事は冷静に考えて不可能です。


 ここにきて一番層が薄い部分に故障者が出た事は不運と言うしかないですが、嘆いても怪我が治るわけでは有りません、冷静に明日の試合を待つしかないでしょう。


posted by 西中島南方 at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする