head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

Sat 20 Nov 2004

嘉人に託す想い。

 今日は難波のスタジアムカフェで観戦。大久保のゴールに店内は沸きかえりましたが、ロスタイムの失点にはみな言葉を失い、試合終了の笛と共に、殆どサポーターは憮然とした表情で家路につきました。

 西中島は出来たばかりの横断幕を忍ばせていました。勝った時にはサポーターの人達に事情を説明して裏に嘉人へのメッセージを書いてもらうつもりでしたが、あまりのゲーム内容でどうしようか迷っていました。

 しかし折角持ってきたのだからと、店内に残っていた15人ほどの方たちに、思い切って声をかけてみました。

 反応は意外なほどに良いもので、皆さん快くこの主旨に賛同して頂けました。真っ白な裏地に書き込まれるそれぞれの想い。裏地が黒くなる度に、胸がいっぱいになっていく自分がいました。


 大久保選手、貴方は多分貴方が思っているよりも、ずっとずっとたくさんの人に愛されていますよ!

 清水戦ではバックスタンドの中央より、車椅子席の壁に張り出す事にしました。試合開始前でも記帳(っていうのかな?)受け付けます。試合後は予定通り、ロビー像の前でギリギリまで待ってます。よろしくお願いします。 


posted by 西中島南方 at 20:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京V1VS1C大阪 歓喜、忍耐、落胆。

 何度この言葉を書いたでしょう「勝てた試合でした」しかし、勝てませんでした。


 一言で言えば「勝ちパターンを確立していない」ということが一番の問題なのだと思います。この選手が出てくれば、守りきる合図なのだ、とか、リードを守るためにはこの布陣で行くのだ、という「決め事」が無いのです。

 その為、守っているといってもただゴール前に張り付く恰好になって、失点シーンだけを見ると、人はいるのにボールホルダーにプレッシャーがかかっていないという状態が生まれるのです。

 今日の先発布陣です、予想通りの3-4-3。

東京V戦 予想布陣


 前半1分、早くも先制点。西澤の絶妙なポストから、大久保が上手くかぶせたボレー。あっという間の先制点は、しかしセレッソにとって「守らなければ」という負の意識を植えつけてしまうことになってしまいました。


 ともかくボランチでボールを奪えない、ボランチからボールが展開しない。中盤をほぼ完全に制圧され、セレッソは常に危険なエリアでの守備を強いられます。

 布部、濱田ともに御世辞にも機能しているとは言えず。古橋、西澤、大久保は前線でプレスをかけ続けたり、時にはペナルティエリアまで戻ったりと、本来なら必要の無い仕事に殆どの時間を割かれていました。


 それでも3トップは攻撃時には果敢に攻め込み、西澤は持ち味のやわらかなボールコントロールで何とかセレッソにリズムを呼び込もうとしていました。大久保のドリブル、古橋のミドル。散発的ではありましたが、それぞれの持ち味を生かしていました。


 前半を何とか凌ぎ切ったセレッソは、後半早々に攻守で消えていた濱田を下村と交代させます。

東京V戦 下村投入


 ただそれでもセカンドボールを奪うのはベルディ。後ろからの分厚い攻撃参加でセレッソの守備陣を押し込んでいきます。

 一方的だった流れの中で、しかし、決定的なチャンスが生まれます。ベルディの最終ラインのボールコントロールミスを大久保が奪い、そのまま独走。キーパーとの1対1に放ったコントロールショット。決まったか!?決まらない…。無情にゴールマウスをそれていくボール。


 その後はベルディも気を引き締めたか守備の破綻もなく、一方的な試合展開。ボールは何度も何度もセレッソゴールを襲います。平山の二度訪れた流し込むだけというチャンスは、伊藤の必死のセーブ等に阻まれます。

 守備の建て直しを図る小林監督の次の一手は斉藤。左サイド苔口との交代。ただ斉藤の出来は決して良いとは言えず、結局左サイドの攻撃を食い止める事はできませんでした。大久保のシュートミス、機能しなかった斉藤、これが後の伏線になります。

東京V戦 斉藤投入


 残り15分辺りからセレッソは守備に専念し、水際でボールをかき出すことに終始します。これまで馬車馬のようにボールを追い、少しでも相手陣内で時間をかけようとしていた3トップも疲労困憊。西澤は肩を痛め、大久保は足を攣ります。

 それを見て小林監督は徳重との交代相手を大久保に変更します。おそらくプラン通りならそれ以前のプレーで足を痛め、運動量を落としていた酒本との交代だったと思います。今日の大久保のプレーは今までに見たことも無いほど献身的なもので、出来ることならどちらも交代させたい状態でした。

東京V戦 徳重投入


 数え切れないピンチを決死の守備と相手のミスで耐え凌ぎ、時計の針はついに90分を指します。ロスタイムは3分、勝ち点3まで、あと3分。

 しかし勝利の女神の気まぐれは、選手の、サポーターの想いを打ち砕きました。左サイドからのドリブルに、斉藤は間合いを詰める事が出来ず、浅いクロスボールがフリーになっていた桜井へ。下村が慌ててコースを消しにかかりますが、シュートを防ぐ事はできず、伊藤の指先を掠めたボールは無情にゴールネットを揺らしました。


 奪い取った勝ち点は1。柏が清水に敗れた為勝ち点差は4に縮まりましたが、残り試合は2、逆転には最低でも1つ、勝利が必要です。さらに累積警告でファインセーブを続けていた伊藤が次節出場停止。対する15位の柏は優勝を決め、中盤の要である長谷部、山田を欠いた浦和との試合。逆転の可能性はさらに低くなったと見るべきでしょう。


 ただ決して降格が決まったわけではありません。仮に最下位になったとしても入れ替え戦を凌げば残留できます。チームも、サポーターも、望みが有る限り、最後まで闘い抜く意思を捨ててはいけません。


posted by 西中島南方 at 19:27 | Comment(0) | TrackBack(2) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京VVSC大阪 戦前予想

 両チームのスタメンが発表されました。セレッソの予想布陣です。

東京V戦 予想布陣


 森島、下村、徳重隆明と斉藤竜はベンチスタート。徳重健太が初のベンチ入りを果しています。

 足元に不安があるラデリッチ、守備が本職ではない濱田がいるので守備はかなり不安です。千葉も比較的不安定な左のストッパー、柳本と伊藤はかなりハードワークになるでしょう。


 攻撃陣では3トップになるものと思いますが、古橋はわりと下がってボールを受ける動きが多い選手なので3-5-2のようになる事も考えられます。中盤が不安定になればそういうオプションも有るはずです。


 大久保が代表戦からの連投、どれだけ動けるのかもポイントになるはずです。そして森島、徳重隆がどの時間に投入されるのか、濱田は絶不調を抜け出しているのか、布部はどれだけ相手を止められるのか…。


 キーはやはりボランチ。ここの働き如何でボールポゼッションは変わってきます。一つも落とせない三連戦第一ラウンド、つまづきは許されません。


posted by 西中島南方 at 12:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横断幕キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 やっと来ました横断幕。原稿通りの仕上がりにちょっと感動。それが当たり前なんですが。やっぱり嬉しいものは嬉しいです。

 で、早速画像を、と思ったんですが、家が狭くて広げきっても写真を取れるだけの距離を取る事が出来ません(涙とりあえず折りたたんだ状態を。

でかっ!!


 これ持ってスタジアムカフェに乗り込みます。みんななんか書いてくれるかな。元気なやつを希望します。


 この横断幕を使うのは一度きり、嘉人の旅立ちの時だけ。みんなの想いをつめた特大のラブレターです。球団の人も困るかな、テント幕に使う分厚い生地なのでかなり重いし。でも、ワールドクラスの選手の横断幕はこれくらいないとね。
posted by 西中島南方 at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする