head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

Sun 14 Nov 2004

悲しくて、一人流離う。

 基本的に、セレサポは他のサポーターより牧歌的、悪く言うと「ぬるい」だから多少失敗したって、「次ミスすんなよ」くらいで、あまり過激な中傷はしません。西中島もひどい時以外は、極力避けてきたつもりです。サッカー選手だって人間、完璧なんて有りませんから。

 でも、今日は違います。みんな殺気だっています。何度叫んでも想いが届かないから、いくら我慢したって、それが選手を増長させるだけだって気がついたから…。

cerezoblogのcrz#6さん、ブログ立ち上げたばっかりの西中島にコメントをくれた気さくな人です。

お金を無駄遣いしてしまった。¥1.5k-あれば酒買うとか、エロDVDとか、キョートにでも遊びに行く(あ、電車賃だけか)とかいろいろできるのに…………
こないだの磐田戦がよかったとか言うてた人がいっぱいいたはったけど、どのへんがよかったのかさっぱりわからんかった。
ま、ド腐れチームが早めに敗退して天皇杯のレベルをさげへんのが唯一の朗報です。


結果書き忘れた。 [CRZ 1 - 2 温泉]


Cerezo Weblog +αのチカさん、いつもは優しい文章が綴られている暖かいブログです。

もうJ2に落ちていいよ。
enjoy soccer=enjoy life!さんに↑同じような台詞が書いてて驚きました(笑)


昨日の柏さんと違って本日のセレッソはベストメンバーだったんですよね。(嘉人は途中交代でしたが)
それが余計に情けねぇ。

近くにいた5歳くらいの少女に試合終了後「もうい〜わ!もういらん!!」って言われてるぞ、おまいら。
恥を知れって。

個人的に思うんですが、天皇杯やる意味あんの?
ベストメンバーで臨んで負けるセレッソは論外として、市原、柏なんかはリーグ戦一本に絞った感がするんですよねぇ
(ん?市原ってまだ優勝の可能性あった?セレッソ以外のJの試合はほとんど見んのでよくわからん)
なんかナビスコと違ってあんまり本気度が少ないというか。
やる時期も悪いような気がするが。


enjoy soccer=enjoy life!のちえこさん。活気のある、生きた文章を書く方ですが、今日は

早くJ2に落ちろよ


の一言だけでした。

Way of thinking +のkeenさん、ポップで楽しいブログを作られています。
知らん

勝手に負けとけ
来年全員解雇でいいよ






天皇杯終わりました

なんかもう、J1に残留しても仕方ないな
フルメンバーで嘉人まで出ててJFLに負けるなんて

もう何もしなくていいよ
そのまま落ちとけ

来年、ヴォルテス徳島あたりでも応援しときますわ


りんでんばうむさん…。

おまえら草津までランニングして帰って来い。

小島がすごかったことは認めるが。つか、セレッソに来ないか?


 誤解してほしくないのですが、皆さんいつもセレッソに対して、西中島以上の情熱と愛情がこもった記事を書かれる方たちです。敗戦の後も、ここをこうすればどうか。今日はだれそれが良かった、収穫だった。と真摯にサッカーと向き合っている人たちです。

 今日この日がどれほど多くのセレサポにとってつらい一日だったかを、球団の方たちは考えてくれているのでしょうか?選手達は気がついてくれるのでしょうか?この頃いつもセレッソの事を書くたびに疑問符ばかりが付きまといます。どうしてこうなったの?なぜここから抜け出そうとがんばらないの?答えが返ってこないのは判っているのですけれど、それでも、問わずにいられないのです。




posted by 西中島南方 at 20:33 | Comment(5) | TrackBack(1) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C大阪1VS2ザスパ草津 煮え湯でも飲んどけ。

 今年のセレッソが凝縮されたようなゲームでした。かみ合わないパスワーク、先制点後の油断、混乱状態の中でねじ込まれた逆転弾…。

 試合後、バックスタンドのサポーターの間には「怒り」も無く、「ああ、またか」という、なにか達観してしまったような空気が漂っていました。

ぬるま湯セレッソ


 より落胆を深めたのは、柏とは違い、先発に今組めるベストメンバーで臨んで負けてしまったことです。メンバーは下記の通り。

草津戦フォーメーション


 3トップは両翼に広がる形ではなく、攻める際には古橋が少し下がりボールを受けていました。左サイドは下村が積極的に上がり、苔口はいつもより攻撃的でした。ただゴール前で右足に持ち帰る悪癖はそのまま。

 右サイドは千葉、布部、酒本が異次元空間を形成、ここにボールが入ると、必ずロストしてしまうというバミューダトライアングルになっていました。酒本は比較的がんばってサイドをえぐろうとするのですが、孤立していて先制点の基点になった時以外は芳しくない状態が続きました。

 何と言っても悲しかったのが、布部と濱田にボールが入ると、草津が「今だ!」とばかりにプレッシャーをかけて、攻撃のディレイに成功していたこと。特にサイドに流れた時などはすぐに戻して逆サイドに展開すればいいものを、まんまと押し込まれていました。

 布部は持ってダメ、ポジショニングダメ、パス意味不明と良い所無し。これなら下村を上げて斉藤をストッパーにしたほうが安定していたでしょう。平然とDFラインに吸収されてはゴール前に危険なスペースを作っていました。

 また、途中から西澤に替わって入った大久保は「気分はスペイン」モード、アグレッシブさ、泥臭さが無く、怪我を恐れてか淡白なプレーが目立ちました。


「格下に油断していた」

「試合前半のチャンスを逃し、リズムに乗れなかった」

「選手交代でマークがはっきりせず失点してしまった」

「同点に追いつかれ、気持ちの整理がつかないまま逆転されてしまった」

「今日の悪かった点を修正してリーグ戦に臨みたい」

 まだ何も聞いてはいませんが、小林監督のコメントはこんなところでしょう。いつもステレオタイプのコメントしか頂けませんが、いつになったら悪い点を修正できるのでしょう?せめて入れ替え戦前までにして下さい。


posted by 西中島南方 at 16:14 | Comment(1) | TrackBack(3) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土曜の夜は嘉人づくし。

 マジョルカ移籍で俄然注目度が増した嘉人。今日は0時から「スーパーサッカー」0時45分から「すぽると!」と立て続けに特集が組まれています。

 別れ際になって感傷的なところに露出が増えると、とてもつらいですね。嘉人がもう気持ちがスペインに向かっているからか、晴々とした表情なのが、余計に悲しいかな。

 マジョルカからもユニフォームをもらったようで早速試着していましたね。今はまだ本当にフィットしていませんでしたけれど、試合を重ねるうちに、得点を決めるごとに、その姿が当たり前のものになっていくのだと思います。


 セレッソのことはもう忘れちゃったのかな、と思っていましたけれど「すぽると!」では「残り3戦全勝します」と言ってくれたので、少し嬉しかったです。もうイライラした嘉人は見たくありません。どんな形でもいいから残留を決めてほしいです。そしてその中心に嘉人がいれば、それ以上に嬉しい事はありません。


 セレッソでのチーム残留、代表でのゴール、そしてマジョルカでの活躍と実にいろいろな事を要求されてたいへんだと思います。練習後もファンへの応対も人数が半端ではないようですし…。でもそれらを乗り越えていける選手だと思うからこそ、西中島は大久保嘉人という男のファンなのです。
posted by 西中島南方 at 01:36 | Comment(0) | TrackBack(1) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする