head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

Fri 12 Nov 2004

Tulio TypeR 登場。

 レッズ系ブログを運営されているなんちゅまるさんが、大久保嘉人取扱説明書(スペイン語版)の際に
これおもろいです。

原文は残念ながら読めませんが…。

レッズでも闘莉王の説明書作れるなあ。

大久保はあの目つきが好きです。

とおっしゃられていたので、リクエストにお応えして闘莉王版の広告を作ってみました。

Tulio TypeR 告知ポスター






posted by 西中島南方 at 21:09 | Comment(3) | TrackBack(2) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジーコ(笑)

 ジーコさんまた4バック試しているらしいです。それから宮本がボランチに入る布陣も試しているらしいです。

以下宮本のコメント
「シンガポールは個々に速い選手がいる。立ち上がりからチャンスをつかんで試合をものしたい。(4−4−2については)ちょっとバランスが崩れる場面があった。常に数的優位を意識して、特に両サイドが両方上がってしまわないように気をつけたい。両サイドが上がったときにはボランチがケアするなどして、数的優位を保ちたい。

(後半ボランチに入っていたが)この人数で全員フルにやらせないという意味もあった。必ずしも(ボランチ起用が)オプションではない。(シンガポール戦の狙いは?)ホームでの試合ということで、高いラインを保ちながらプレスをかけていけるような練習の場にしたい」

 4-4-2は今の代表の編成では無理が有ります。そして「使う選手」と「使われる選手」のバランスがとても悪いのです。バランスが崩れるのは「使われる選手」の不足を補う為にサイドバックの攻撃参加が不可欠だからです。

 「船頭多くして船山に登る」「二人のシェフがいるとスープがまずくなる」「10番タイプの選手が二人以上いるとチームは機能しなくなる」コンダクターは一人で十分です。今回は中盤左は三都主が務めたようですが、ジーコの描くベスト布陣はあくまで「黄金の中盤」なのでょう。心配です。

 ジーコ、ソクラテス、トニーニョ-セレーゾ、ファルカンの四人には「エースはあくまでジーコ」というヒエラルキーが有ったために機能していましたが、

「俺なにサイド走ってんだろう」
「ヒデさんにはFWにまわってもらう」

 などと言っている中村が、居心地のいいトップ下を明け渡すわけも無く、また中田も右のレジスタなどする気は毛頭ないでしょう。


 宮本ボランチはオプションとして、また緊急事態の場合にはやむを得ないでしょうが、それ以上の効果は無いでしょう。こちらはあくまでオプションと割り切っているようなので安心ですが。


 ジーコがあくまで自分の理想を追い求めるなら、中田なのか、中村なのか「チームのコンダクター」を決めなくてはいけません。この問題の解決なくして「黄金の中盤」は無いでしょう。
posted by 西中島南方 at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分をバカと言うようなもの。

デイリースポーツ

大久保の穴はブラジル人FW

 J1・C大阪の梶野智チーム統括ディレクター(39)は11日、スペイン1部リーグ・マジョルカへの期限付き移籍が決まった日本代表FW大久保嘉人(22)の後がまに、ブラジル人FWを候補としていることを明かした。

 同ディレクターは「ヨシトは一人で点を取っていた。新外国人はJリーグの経験があるに越したことはないが、力がなくちゃいけない」とし、12月中旬からブラジルで視察を行う予定。出原社長も「ブラジル人のような個人技を持ったFWが欲しい」と話すなど、大砲獲得が至上命題だ。

 さらにDFラデリッチら現在の外国人3選手とは来季の契約を結ばず、「全部ブラジルで考えている。助っ人が強いチームは強い。バランスよく取りたい」とMF、DFでもブラジル人選手を獲得する方針を示した。


 大久保の個人技頼りなのははた目から見てもよくわかりますが、後釜とはいえチームを統括する人間がこれを言ってはいけないでしょう。分かっているならもっと早くサポートできる体制作れよと。

 今の今になって補強補強といっていますが、あまりに対応がお粗末なように感じるのは西中島だけでしょうか?

 そういえば降格した年も、ある意味すごい外人ばっかりでしたね。ケロケロってなんやねんと…。

 社長の「個人技を持ったプレーヤーがほしい」という発言は恐らくエメルソンやウェズレイ、マルケスあたりを見て「うちもあんなの欲しいな」って意味だと思うのですが、彼らが活躍できるのも、チームとしてのサポートが有った上での事。飛び道具ばっかりに頼らないで土台のしっかりとしたチーム作りをしてほしいです。
posted by 西中島南方 at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「14日?普通に出るっすよ」

 と、大久保君が言っております。でも14日にフル出場すると代表戦、ベルディ戦と結構カツカツのスケジュールになりますよね。本当にフル出場するのでしょうか。

 個人的にはベンチには入ってもらって、後半だけとか、万が一の時のみ出てくるとか、そうした形がいいように思います。

 やっぱり疲れた体で代表戦に出てほしくないですし、悪い言い方をすれば来月からいなくなる選手を出すのなら、今機能しつつある3-4-3の布陣をより成熟させてほしいという考えも有りますから。

 とはいえ、残り少なくなった出場機会、サポーターの前で一分一秒でも長くプレーしてほしいという想いも有ります。

 で、途中出場が良いかと。前半だけより、スペースが出来て個人技が生かせる後半の方が見せ場も多いでしょうし。


 シンガポール戦はどういう形で使われるのでしょうか?先発?途中出場?合宿では小笠原がいい動きを見せているようなので、そこからいいパスが通れば意外とあっさりAマッチ初得点が生まれるかもと期待しているのですが、鈴木と大久保の2トップに小笠原がからむならやっぱり鈴木にボールがいっちゃうんでしょうかね。
posted by 西中島南方 at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする