head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

Sun 07 Nov 2004

磐田2VS2C大阪 途切れた集中。

 勝てた試合でした。ただセレッソはセットプレーでの守備に難があるチームで、ジュビロは例え押されていてもそのセットプレーから活路を見出せるチームであった、それだけのことです。

磐田先発布陣

Iwata


C大阪先発布陣

Start Cerezo


 セレッソの先発布陣では千葉が本来の右ストッパーに入り、下村が左ストッパーに入りました。

 試合展開は意外な事にほぼ終始セレッソペースでした。3トップの古橋、西澤、森島がジュビロのDF陣にプレッシャーを与え続けた為、最初のパスの精度が落ち、中盤でボールが奪えるシーンが多々ありました。

 また攻撃面でも、懸念していた苔口、太田のマッチアップを苔口が制し、意外な事に(失礼)右サイドでも酒本が藤田を振り切るシーンがありました。トップの西澤のボール回しはさすがの一言、3-0で勝利したジェフ戦よりも組織としては機能していたのではないでしょうか。


 対するジュビロはトップにボールが入っても、そこからの展開が凡庸で、セレッソの守備陣の想像の範囲内でのボール回しに終始していました。

 ただ腐ってもジュビロ、伝家の宝刀セットプレーまで錆付いているわけではありませんでした。2得点は何れもセットプレー、名波からのボールを福西があわせたものでした。時間帯も前半終了間近、試合終了前と効果的。流れからのプレーのまずさをカバーしていました。2点目のヘディングを合わせたポジションにはボールウォッチャーと化した久藤と布部がおり、両チームのボランチの質の違いが表れた象徴的なシーンであったように思います。


 総括すれば、勝利こそ逃しましたが、セレッソには収穫の多い試合であったこともまた確かです。3トップはしっかりと機能しましたし、徳重のゴールは貴重な戦力の復活を強く印象付けました。苔口、酒本が今日のプレーで自信を持ってくれれば、攻撃に一層厚みが増すでしょう。セットプレー以外の守備は完全に破綻したシーンはほとんど無く、ボランチも乗せられるように動いていました。


 次節は痛いのか痛くないのか久藤が出場停止、大久保が復帰します。小林監督が軸としていた久藤が抜けることで守備陣がどう変化するのか、今日機能していた攻撃陣に大久保がどう加わっていくのか、ああ、残留争いさえしていなければ、もっと興味を持って試合に集中できるのに!


posted by 西中島南方 at 18:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっとだけいいはなし、かな?

 試合が始まる直前ですが、ちょっと閑話休題。許される範囲で選手の「いい話」を2,3…。


 最初はやっぱりモリシ。サインをもらおうと練習場で出待ちをしていると、モリシを発見。必死に「森島さーん」と呼びかけると、試合さながらのスピードで飛んできて、サインに応じてくれました。

 サインをするときも

「こっちにサインをするんですね。」「はい、サインさせていただきます。」

 と常に低姿勢。サインの後には「ありがとうございました」と一礼までしてくださいましたよ。「ありがとう」って言わなきゃいけないのはこっちなのに…。


 西中島が務めていた同じ会社のシステム担当だった方が、以前家まで出向いてパソコンをセッティングする仕事をしていて、偶然にモリシの家のパソコンをセットアップすることになったそうです。その時も練習から帰ってきたモリシは

「ありがとうございます。ボク、パソコンとかよくわからないんで、本当に助かりました」

 と平身低頭だったそうです。いろんな家にお邪魔したけれど、モリシほど感謝されたことは無いそうです。


 真中選手も取り上げさせてください。西中島は真中選手の大ファンです。今でも好きだったりします。豪快なプレースタイルと、人間的な優しさが見える、典型的な「セレッソカラー」の選手だからかな。

 西中島は通勤に地下鉄を使っているのですが、真中さんも同じ路線に家が有るようで、たまに同じ電車に居合わせる事がありました。夏は短パン姿なのですが、足の筋肉が尋常ではなくて、「やっぱりプロは違うな」と思わせるものでした。

 でも、決していかつい訳ではなく、話しかけると嫌な顔一つせず、気さくに話をしてくれました。いつもかわいいおチビちゃんがいっしょでした。試合中は見せることが無い優しいお父さんの顔で、子供の世話をしていた姿が印象的でした。


 最後は廬さん。お見かけしたのは一度きりなのですが、出会った場所がすごかった。なんと「スーパー玉出」買い物をしているとどこかで見たことのある人が…。普通「スーパー玉出」にサッカー選手がいるなんて思いもしませんから、それが廬さんだと気がつくまでコンマ数秒かかってしまいました。恐る恐る

「あのー、廬選手ですよね?」

 と話しかけると、廬さんもびっくりした様子で

「あっ、はい、そうです」

 と応えてくださいました。あんまりプライベートのお邪魔をするのも悪いと思い、「がんばってください!」とだけ言うと、にっこり笑って「ありがトごしゃます」と言ってくださいました。


 西中島が買い物を済ませたとき、丁度廬さんと奥さんらしき人も大きなレジ袋に沢山の品物を詰めてスーパーから出てきました。

 以前ファンバステンが彼女に自分のカバンを持たせて「彼女はサッカーをしていないんだよ、これくらいは当たり前さ」と言った。という事を思い出したのですが、廬さんは奥さんが「自分で持つから」というジェスチャーをしても「いいからいいから」と重いフクロをすすんで持って帰っていきました。

 後日あるサッカー番組で、廬さんのふるさとが紹介されたことが有るのですが、そこで学生時代、廬さんとチームメートだったという人が出ていました。今は立派なレストランを経営されているのですが、そのレストランの開店費用を、廬さんはこころよく出資してくれたのだと話していました。自分の生活を切り詰めても旧友を大切にする、廬さんらしい話です。


 「美談」というと大げさですが、出会ったセレッソの選手の多くが、優しく、気さくな方でした。「ぬるま湯」と揶揄される方もいますが、私はこのセレッソのチームカラーが嫌いではありません。「情けは人のためならず」そろそろチームに「情け」が返って来てもいいでしょう。磐田戦をじっと待ちます。
posted by 西中島南方 at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

磐田VSC大阪 戦前予想

 磐田サポの皆さんお忘れではないでしょうか?明日は試合ですよ。いくら相手がセレッソだからって危機感ゼロは無いんじゃないですか?

 危機感が無いのは天敵大久保がいないから、というのもまんざらハズレではないでしょうが、嘉人がいなくてもアキがいる!

セレッソ予想フォーメーション

vs Iwata


 新布陣3トップに西澤のキープ力とセンスは絶対必要。ボールがうまく収まれば、ホンダ時代からの"新天敵"古橋が、モリシが、さらに大外を回ってコケだのシャケだの人間なの?って連中まで飛び出してくるぞ!


 久藤と布部は多分来ないけど。


 さらに守備陣は大森と上村が何とか間に合いそう。柳本と純国産100%3バックでがっちりと守りを固めれば安定感は増すはず。


 たまに布部もいるけど。


 ゴールキーパーは確変中の伊藤。キックもだんだんうまくなってきたし、ここらで無失点試合が見たい。


 対する磐田はこんな布陣。

ジュビロ予想フォーメーション

Iwata


 勝負の鬼鈴木政権のラストゲーム、磐田としても勝利で飾りたいところ。って天皇杯もそうじゃなかったっけ?妙に好調なチームとばかり当たるのはセレツソの宿命ですか?

 中山隊長は怪我の治りが悪そうで正直ベンチも微妙との事、また前田とグラウはすこぶる相性が悪いらしい。それでもボールポゼッションは磐田優勢か。右サイドには新星太田の出場が濃厚、苔口とのマッチアップをどちらが制するかが一つのポイントになりそう。

 あとジュビロといえばセットプレー、ダブルボランチのお二人にはバイタルエリアでの不用意なファールだけは勘弁してほしい。


 PKは論外ですから。



 勝ち点だけでも柏に追いつきたいセレッソ。チーム状態がぐだぐだなのはどちらも同じ、後は「勝ちたい」という意識の勝負。はっきり言って相性悪いですが、そこは何とか乗り越えていこう!
posted by 西中島南方 at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする