head

▲PAGE TOP

Blog Restart!
bn_hikkoshi.jpg
O lunatico amou futebol RSS(新しいブログはこちらから)

Wed 03 Nov 2004

最強?最凶? FC東京0(4PK2)0浦和

 いつにも増して白熱した試合になりました。原因はレッズが誇る3トップ、田中、エメルソン、永井の不調と、FC東京の「心臓」今野、「モニワブロック」茂庭ら守備陣。そして何より神がかりという言葉がチープに感じるほどの活躍で東京のゴールマウスを死守した土肥の存在でした。


 国立に詰め掛けた浦和サポーターは「なぜなんだ」と何度も天を仰いだことでしょう。エメルソンの突破が少なくとも2回、田中のヘディング、鈴木啓太のドフリーシュート、決まっても何の不思議も無いチャンスが数え切れないほど有りました。しかし、決まらない。


 東京は当初こそ闘莉王の挑発に乗ったか、高い位置にゾーンを設定していましたが、ジャーンの前半での退場を機に、いつもの「腐ったサッカー」を展開。浦和の攻撃を、まるでタイトロープをわたる様にしのいでいきます。拾ったボールはすぐに石川、ルーカスに預け、カウンターに望みを託します。

 当初はスペースが生まれることで浦和優位かと思われていましたが、東京の守備意識がいつにも増して強力になったことで、試合はロースコアの消耗戦、つまり東京のペースにはまっていきました。


 MOMは土肥で全く問題ありません。むしろ他の誰かを上げるほうが難しい。浦和としては負傷をおして出場したエメルソンを120分間出さざるを得なかった事が、チーム構成に対しての問題定義になったのではと思います。田中が不調なら三都主を上げて平川に埋めてもらえればいい、永井がだめなら岡野がいる。でもエメルソンには替えが無いのです。


 FC東京サポーターおめでとう!あなた達の声は120分間浦和の大歓声の中でも聞こえていましたよ。そして声を枯らして応援した浦和サポーターもまた立派。試合には敗れましたが、ゲームをコントロールしていたのは浦和。リーグ制覇に向けて気持ちを切り替え、暖かく選手を迎えてあげてください。


posted by 西中島南方 at 17:22 | Comment(1) | TrackBack(4) | その他サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひみつのシンジちゃん。

 セレッソの今後のスケジュールがえらいことになっています。(cerezo official)

 もう木、金は完全非公開でいくみたいですね。ツモって下さる方のレポートも貴重な情報源だったのでちょっと寂しいですが、チームの勝利に結びつくのであれば大賛成いたします。

 でもひょっとして


小林「うーん、いまさらこんな基礎的なことやらせてますなんて言えないよなー、完全非公開ににしてて良かった」

布部「よーし、秘密練習やで〜。やっぱり選手会会長のオレがチームを引っ張らんとあかんで〜、そして晩には今日の成果を日記にするで〜!アピールせんとな〜」

小林「( ○| ̄|_… そういえばこいつがいるおかげで情報ダダ漏れだよ、しかたがない)おーい、布部、少し話がある」

布部「(おっ、監督が呼んどる、チームリーダーの俺が呼ばれるとは重要な話やで!)はい、なんでしょう?」

小林「いや、ちょっとしたことなんだが、これからの戦い一つも落とすわけにはいかない、だから布部が率先してゲームも練習も集中してやってくれ(遠まわしに言ったが大丈夫だよな)」

布部「はい!判りました!よ〜し、監督直々にチームリーダーに指名されたこの俺が、がんがんチームを引っ張っていく様子をバンバン日記に書くで〜

小林「○| ̄|_ だめだこりゃ」


 なんてことになってなければいいですがっ!!!

 100% rosadoさんによると大森と下村は次節の磐田戦には滑り込みでセーフかも。下村ボランチ、大森左ストッパーはかなり期待です。頑張って下さい!
posted by 西中島南方 at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嘉人がカードもらわなくなる方法をいろいろ考えてみる。

 セレサポの方から見てもかなり嘉人擁護派の西中島、でもさすがにかばいきれなくなりました(涙 よくよく考えれば嘉人がカードもらわなければいいのですよね。どうしたらそうなるのでしょう。


1.家庭を持つ。

 これは結構効果があると思うんですがどうでしょう?福岡生まれ、国見出身のバリバリ九州男児ですから、一国一城の主になれば責任感も生まれますし、奥さんが上手く操縦して下さればストレスもたまらないかも「我こそは」という方はよろしくお願いします。すでに彼女くらいいてもおかしくないですけれどもね。


2.こまめにカウンセリングを受けてみる。

 別にうつ病のような病気でなくても、誰しも悩みがあるはず。そういう悩みを専門のセラピストに聞いてもらうのもいい手段だと思います。未だに精神科などに強い偏見の目が有りますが、アメリカなどでは気軽にカウンセリングを利用しているようですし、先のダイスラーの一件を見ても不適切なアプローチというわけではないでしょう。


3.食生活を変えてみる。

 ちょっと前まで「キレやすい子はカルシウムが足りない」なんて話題になっていましたが、実際食生活が精神面に与える影響は以外に大きいのです。立派なフィジカルを持っていますから、食生活の管理は出来ると思います。メンタルも良化できれば一挙両得です。


4.小峯さんに来てもらう、若しくは監督になってもらう。

 いきなりトンデモ系になってしまいますが、やっぱり恩師の一言って効くと思うんですよ。そんなしょっちゅうでなくても、要所要所で助言が頂ければかなりいい効果が有るように思うのですが。


 他にも良いアイディアがあったらメール、コメントよろしくお願いします。
posted by 西中島南方 at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | セレッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする